オーガニックコットンのベビー服|出産祝いに! カラフルなベビー服

オーガニックコットンのベビー服 | yuga

7 月12007

オーガニックコットンとの出会い-2

昨年まで手がけていた仕事(crazy mama)の企画を進めなくてはいけなかったのですが、オーガニックコットンに出会ってしまってからは、頭がそれから離れません。新しいアイデアは、それまでのスタイルとは全く違う物が出てくるのです。

どうしても、より良い物を追い求めてしまうので、環境の事や着る人、作る人の健康の事を知ってしまってからは、普通のコットンで制作する発想が浮かばないのです。

それでも、何年も続けて来たブランドのスタイルという物があります。また、お客様も新作を楽しみに待ていてくださいます。急にスタイルを変える訳にはいきません。困りました、、、

それで、先ずはオーガニックコットンという物を試してみようと思いました。あちこちからタオルや下着を取り寄せて使ってみました。

手に取った感じは、とにかく柔らかい風合いが魅力的です。また、身につけてみると肌触りがとても良いのです。
肌が呼吸がしやすい気がします。1日着ていると、着ている事を忘れるくらい違和感が無く、肌になじみます。
とても快適です。

ダイヤモンドや毛皮の贅沢さとは違う、贅沢感がありました。
オーガニックコットンを着ていると自分だけのリッチな気分を味わえるのです。

優雅な気分でした。

こんなに素敵な素材は、是非、他の人にも薦めたい。一緒にこの良さを共感したい。
そう強く思いました。

そして、1型だけオーガニックコットンで自由に作ってみる事にしました。

出来たのが、このTシャツです。

organic woman T-shirt

商品タイトルを「organic woman T-shirt」と付けました。

シンプルでカジュアルで良いのができました。着心地も最高です。
とても嬉しいプロダクトでした。

そうして、展示会に出品し、それまでの取引先の方々に見ていただきました。

皆さん「う~ん、環境ですか。それは良いですがね、でもうちのお客さんはそうゆうのは、、、、、、」
と、趣旨を理解してくださって、注文を下さったお取り引き先は、ほんのわずかでした。

とても張り切ってデザインしたので、ショックでした。

中途半端に少しだけ作っても、ビジネスとしては通用しない。
仕事としては、成り立たないと分かりました。

さて、どうしましょう?
少数でも、買って着てくださったお客様は「凄く気持ちがいい」「手放せない」と口を揃えて言ってくださいました。
他にも欲しいと言ってくださいました。

そうなのです。我ながら本当に良い物ができたと思います。私自身、毎日それを着ているほどです。
一度着ると、その気心地の虜になってしまうのです。

気がつくとオーガニックコットンの大ファンになっていました。

これを、ちゃんと仕事にしよう。中途半端ではなく、専門ブランドを立ち上げよう。

そう決心しました。

つづく。

投稿者プロフィール

hiromi

yugaのお母さん役をしています。
地球と子供達の為にオーガニックコットンの普及に全力を尽くしています。
25歳と18歳の女の子の母です。趣味は料理。
夢はオーガニックLife-styleショップを開くこと。

コメントをどうぞ